プロフィール

蘭栖

Author:蘭栖
趣味のブログへいらっしゃいませ。
犬(犬小屋で)と暮らす日常の日記でございます。
リンクフリー
観賞魚ブログされてる方は
特に歓迎~


最新記事


色々

ここに登録してます
ポチっとしていただくと おじいちゃんが喜びます

最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

御足労して頂いた方


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高温注意

ここ数日
正に夏ってお天気です。
熱中症で亡くなられた方も居られるそうで
御冥福をお祈りすると共に
一人でも熱中症等の被災者が減りますように。

ちなみに口の中が乾いた時点で脱水症状です。
水分は「欲しいっ」と思ったときに飲まないと
必要以上に飲んじゃって余計に症状が悪化する方が
多い気がします。

まぁね
室内の一番日光が当たらない場所で
一日中気化熱を出しながら
水槽の温度は31度まで上がってました。

31度

太郎さんも一緒に水換え

暑い

今日は40%位換えて水温を下げよう。

翌朝には28度位まで下がってたけど
正に焼け石に水なんだろうな~

忙しくって殆ど放置状態の庭も
鯉の生存は確認できたが
睡蓮はトリミングできて無いので
蕾が見えない。
メダカ水槽に葵が咲いてるので
良く見てみると・・・
おぉ小さいのが泳いでる~

青い

ん?なんか違う
コレ メダカ違う・・・
おたまじゃくしだ・・・・
メダカ・・・一匹も見えない

もう明日から餌入れるの止めよう。
初メダカ外飼いは失敗で終了
今度はヘビのフィギュアでも飾ってみようか
かっこいいのないかな


スポンサーサイト

水は換える

水槽の温度が30度近くになってきました。
そろそろ水換え頻度を上げる季節です。
梅雨もあけちゃったし。

さてお仕事で忙しくてもコレだけはやらねば。
しかしやってる最中は暇なので
ちょっとだけエンドリ水槽を整理整頓

エンドリ水槽

ちなみに
照明は普通の1200の蛍光灯2本
EJ-60改OF仕様
ポンプとサンプは1500水槽と共用
エンドリ水槽には現在隣のEJ-60から
エアリフトで揚水されております。

整理整頓

ん~手を加えるべきなのか
新しい水槽が手に入るまで待つか
どうしよう・・

ただ悩んでるときが一番楽しいのも事実

多段連結水槽 最終

いよいよ日中は涼しい
百葉箱の中で気温30度を
超えてきました。

室内でも熱中症には注意じゃなくって
警戒しないといけない気温です。

しかし、体力が追いつかないのか
1つの記事を書くのに3日かかってしまいました。
さて最終です。

この日は夕方から予定が入っておりました。
間もなく外出時刻なので
テストもして無い水槽に
注水とコリ達の放流が一緒です。

当然1200に入ってたほかの流木など
入らないので
隣の水槽に投げ込んで
この日はここで一旦作業中断。
なるべく早く、なるべく深酒しない事を祈りつつ外出。

注水とっ放流が

一夜明けて二日酔いで動く気力が無いものの
エンドリさんの為になんとか立ち上がる。
コリ水槽は素晴らしく過密。
これでベビー達も育ってくると・・・
さすがに厳しいかな・・・

一夜あけて

だが・・とりあえず隔離してたエンドリさんと
Gバルブを移動
エアーチューブを配管しなおして・・
レイアウトは又今度考えよう。

コリ水槽れいあうと

コリ水槽は適当に物陰を作って
ん~これだと観察はしやすいけど
過密すぎて繁殖は無理かな

かみつ

エンドリさんもとりあえず移動完了。
こっちのレイアウトはどうにか
当初の予定通りアクアテラ風にしたい処

エンドリを放流

外のアク抜き中の流木は・・・
いつまであのまま抜き続けるのか
予定が未定になってしまった・・・
今度のお休みはいつなんだろうか
休みが取れるのが先か
我慢できなくなるのが先か

そして多段連結水槽は

毎日暑い日が続きます。

御訪問下さる皆様
水分と塩分の補給には十分御注意下さい。

さて、作業中は大汗かきながら焦ってますが
記事を書いてるときは気楽な物です。

作業中は水槽の住人達は
300規格水槽に全部退避中
1200からいきなり300だもの・・・
虐待って言われかねない。

300.jpg

とりあえず1200水槽を撤去して
水槽と水槽台の間に配管スペースを確保。

水槽を撤去

試行錯誤しつつ多段連結用に作った水槽受け板を流用します。
新たに切り出しする時間が無いのが悲しい。
1200用の配管をひきなおして。

配管完了

水槽の設置完了。

水槽設置

恐らく水槽は買い直す為に、最低限の固定金具しか使ってない・・
まぁ持つでしょう。

明日には全貌が明らかに

多段連結 予定変更

台風が過ぎると夏・・
お手柔らかにお願いします。

さて何時から割れてたのか気がつかなかった
水槽・・・
とりあえず現状確認

内容物撤去

レイアウト物等を撤去
住人も退避して。

ん~底ガラス一枚綺麗に割れてました。
良く漏水しなかったな~

派手に割れてる

のんびり書いてますが
作業中は大汗かいてました。

まだ続く・・
というか続けて書く体力が無い

幸か不幸か

最近 お天気の行方が良くわかんない。
雨天で水槽を弄ると湿度がより上がるような気がして
嫌なので事前に水槽とお天気をチェック。

約1ヶ月ぶりに水槽をメンテする予定だった。

なんで急に

しかし、床砂めくれが急に激しくなったな~とか
若干は気になってた。

そして異変に気がつく。

あれ・・・
水槽 割れてない?


水槽割れてる

うわ・・・大事になってない?

つづきます

台風のおかげ

本日は台風の影響で
少し早く仕事が終わりました。

梅雨も明けそうで
そろそろ引篭もりな私は一年分の外遊びを
する季節
っても 今年はもうやっちゃったので
どうするかは未定デスが。

梅雨や台風で増水した後の河には流木が一杯落ちてます。
決して、雨降り直後とか雨天に拾いに行ってはいけません。
増水して摂れません。


後、なるべく人数を集めていきましょう。
私みたいに一人と一頭で行ったりとかは
危ないのでしちゃいけません。

汚れても良い服と虫除け
保護メガネも、もって行きましょう。
金槌とノコギリ、ロープ
こんなの一人でもって山中をウロウロしてると
通報されかねないので人数は多いほうがいいです。

基本的に採取する場所は山奥とかダムの取水口付近になるので
水の中には入りません。
入ったらかなり色々危ないので基本的には入りません。

散策しつつ乾いてない流木を見つけたらロープをつけて水の中に
投げ込みます。
この時点で浮いてしまう木は望み薄です。

良い形、沈んで行く木を見つけたら
今度は金槌で力いっぱい叩きます。
流木をたたき折るつもりで叩きます。
コレで腐ってる木は簡単に粉々になります。
樹皮などもこの時点で剥がさないと後が大変です。
慣れてくると硬い木は叩くと高い音
腐ってるやつは低い音がするので見分けがつくように
なってきます。

私見で申し訳ないですが、
水槽に入れたい形。
採取時点で沈下木化している、又はしそう。
木の芯部分で十分な強度がある
を満たした物だけを
ノコギリで持ち運べるサイズに切ってもって帰ります。

後、私有地に入らないとか後片付けとかは
当たり前なので省略。

もって帰って来た流木は後処理をしっかりして
全て自己責任で水槽に沈めます。
後処理とかは調べると一杯出てきますが
煮たり、水没化したりphとか諸々
調べたりとか手間が掛かるので
費用対効果で比べると買ったほうが
早いです。

森林浴とかキャンプとかBBQとかに連れ出されても
退屈してくるとこんな感じで暇つぶしをやっちゃう
私たちの集団って・・・明らかに異状者の集団だな・・・


やっぱり水換えはする。

今週は台風が来ちゃうらしいです。
先週一週間は天候の影響で
仕事が遅れておりますが、
それでも、予定通りなら
週末はお休みが取れそう。

もう
床砂が捲れ放題の水槽とかも
直しちゃいます。

床砂めくれほうだい

何匹か脱走して
自力で親水槽に合流したベビー達の残りも
全部合流させちゃったり。

ミニすてるばい

背びれが折れたままになっちゃったエンドリも
お引越しさせちゃったり。

折れたまま直っちゃった

今から
妄想が膨らんでおります。

水槽の前でボケーっとニヤニヤしてる姿は

プレコさーびす

無心で流木に吸い付いてるプレ子の様に
気持ち悪いんだろうな~
作りかけの水槽も
とりあえず使える様にしないと
いけないな~

漏水テストしてないから漏れないといいけど


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。